青果物流通研究会

活動の報告

2021年4月 青果物流通研究会 例会開催報告

今回のテーマは「農業DX」。農林水産省が農業DXの専門部局を発足させるなど、昨今のコロナ禍もあって取り組みが加速する農業や農産物流通の分野におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)について、農林水産省でデジタル政策を所管されている大臣官房サイバーセキュリティ・情報化審議官 信夫隆生様をお招きし、お話を伺いました。

(さらに…)

2021年2月 青果物流通研究会 例会開催報告

今回のテーマは「コロナ禍のいま、外食産業が目指す方向とは」。昨年に引き続き、オンラインでの開催となりました。

講師は、外食産業の現状に最も詳しい業界誌「月刊食堂」編集長の通山茂之さま。通山さまは2018年12月例会に続き2度目のご登壇で、今回は外食産業専門誌の観点からコロナ禍の最中の外食産業の現状についてお話いただきました。

(さらに…)

2020年12月 青果物流通研究会 例会開催報告

今回のテーマは「冷凍食品の最前線」、そして今年の総括「コロナ禍で変わる、農と食」です。今回もオンラインでの開催となりました。

冷凍食品宅配業界のトップ企業であるSLクリエーションズ(旧シュガーレディ)の社長である佐藤健氏に、リモートでご登壇いただきお話を伺いました。
同社は冷凍食品を、セールスレディであるシュガーレディさんが訪問販売・営業することで売上を拡大してきた企業です。また、取り扱い食品の安全性についても厳しい自社基準を設けています。特に同社が新機軸として展開しているZ’s MENU(ジーズメニュー)は、高品質に注力したラインナップを誇ります。

(さらに…)

2020年10月 青果物流通研究会 例会開催報告

今回のテーマは「『やさいバス』の青果流通」です。青果流通の意欲的な事例が知りたいという会員からの要望に応え、「やさいバス」事業等で著名なエムスクエア・ラボの加藤様にオンライン講演をいただきました。10月20日開催。 (さらに…)

2020年8月 青果物流通研究会 例会開催報告

今回のテーマは「ヴィーガン料理とプラントベース肉の現状と今後」です。
近年、菜食主義が話題となっています。菜食主義には、比較的許容度の幅のあるベジタリアンから、完全に菜食を貫くヴィーガンまでさまざまなレベルがあり、大きなマーケットへ成長しています。

(さらに…)

2020年6月 青果物流通研究会 例会開催報告

2020年4月の青果物流通研究会はコロナ感染防止の観点から中止し、オンライン勉強会の可能性を探りました。4月の予行を経て、6月よりオンラインでの勉強会を再開いたしました。6月23日にオンラインで開催しました。

今回のテーマは本年度の農政動向です。コロナ関連の話題、種苗法に加え、食料・農業・農村基本計画について、農林水産省の塩川白良様にお話しいただきました。

(さらに…)

2020年2月 青果物流通研究会 例会開催報告

今回のテーマは「植物工場のいま」、そして「スマート農業」についてです。
植物工場については、2009年に、ノーリツ鋼機のベンチャーとして設立された「NKアグリ」の三原洋一さんにお越しいただき、和歌山県で運営していた植物工場(2019年11月にクローズ)を始めてからクローズまでをお話しいただきました。さらに、リコペンを通常より多く含むニンジン「こいくれない」の生産と販売につきましても開発と販売、そして終売までと多岐に渡ったお話を伺いました。
スマート農業については、「みどりクラウド」のサービスを提供しているセラクの持田宏平さんにご登壇いただきました。スマート農業のど真ん中といえるサービスを展開しているみどりクラウドについてお話しをいただき、また業界全体の最新情報も教えていただきました。

(さらに…)

2019年10月 青果物流通研究会 例会開催報告

今回のテーマは「進化する流通モデル、求められる新たな役割」です。
「SEND(センド)」という生産者向け流通支援プラットフォームを展開するプラネット・テーブル(株)の創業者である菊池紳さんにお越しいただき、SENDが実現したことや見えてきた課題、また新たに始めた産地向けサービスについてお話しいただく中で、既存流通への期待、今後の展開について現在進行形で考えていることをお話しいただきました。

(さらに…)

2019年8月 青果物流通研究会 例会開催報告

今回のテーマは「プラットフォームビジネスで目指すこと、農産物流通界への提言」です。マイファームの西辻社長に自社の事業をご紹介頂きながら、ネットを使った農家と実需者のマッチングの可能性などについて考察しました。
また4月例会にご出講いただきました農水省の武田室長、西岩商事の塩田さん、前回の豊洲市場視察でお世話になりました東京シティ青果の吉野さんにもゲストとしてお越し頂き、議論が広がりました。

(さらに…)